« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

逃げないで~

2013年4月29日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_29_19_18

  逃げないで~って・・・ぐうたら亭主のこと・・・・ではないです。

 もし、亭主が逃げたのならあ~良かった。って追いかけません。(笑い)

 これ冗談です。(笑い)

 亭主行くとこありませんし、私なしでは生きていけませんから逃げません。

 いわゆるぐうたらですから・・・・。(笑い)

 じゃぁ~何追いかけてるんですかって、そう・・・・卯月4月に逃げないで~て、言ったのです。

 そうしないと行っちゃう・・・・。

 行っちゃうと次に来るのは一年先。

 

 何故卯月?・・卯の花が咲く月だから卯月だそうです。

 卯の花、卯の花、え~と今年うちでは咲きませんでした。昨年の台風で枯れましたから・・。

 小学唱歌「夏は来ぬ」の歌詞に卯の花が出てきますね。

 

  「卯(う)の花の、匂う垣根に 時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
  忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ」

 小学生のとき、この歌「うのはな~ のにおうかきねにホトトギスはやもきなきて・・・・・」って、大きな声で歌いました。

 何しろ、子供ですから、ひらがなの歌詞覚えるのは早いのですが、私の場合、

 「のにおうかきね」の意味はなに?

 「卯の花」はどんな花・・・・。綺麗かしら?

 「ホトトギス」見たことがないけどどんな鳥・・・・卯の花が好きなのかしら?

 「しのびねもらす」って?おねしょ?(笑い)

 歌詞に曲つけて言葉がずれちゃうと意味が分からなくなって、それでも勝手にイメージが出来上がっていました。

 意味はあいまいでも、初夏の訪れの喜びみたいなものを感じていましたね。

 

 名曲なんですね。

 今年の卯月、寒い日が多く全般的に不満ばかりでしたが、ここ2,3日は気温は上昇・・・陽射しも強くなって「夏は来ぬ」を彷彿させるようでした。

 一年間で最も良い日々

 花は咲き乱れ、若葉の緑が目に沁みます。加えて食事も美味しいし、軽装で気持ちよく何もかもいい・・・・・こんな幸せ感・・・・・

 でも、明日1日で行っちゃう・・・・・・・逃げないで~お願いだから。

 今のままでいて欲しいわ。

 

 焦った私、今日は、朝から庭に出てこの月逃がさないようにどっぷり汗をかきました。

 薫風が、私の髪を撫で卯月を運んで逃げようとしましたので・・・・待って~!

 どこからか、「待てとお止めなされしは、拙者(せっしゃ)がことでござるかな」・・・・え?白井権八?いや、昼寝していたはずのぐうたら亭主でした。(笑い)

 

写真 今うちで咲いてる花を集めました。

ウツギ・・・ピンクのウツギですが、ウツギは卯の花のことです。白いウツギのことなのでしょうか?そのへんは?

021

色違いのミヤコワスレ

047_4     049_3



シラー・・・・しら~って咲いていました。右は、シャクナゲ

037  025_2

居間の前に、左右に一本づつツツジがありますが、一本は半分以上枯れました。


012_2   023_3

047_2

ゼラニューム

029  047

イチハツ

016   076

カラー

018_2  020_2

オオテマリ

035


オオテマリと口紅シラン

020 045

いよいよバラが咲き始めました。バラが咲き始めますと一気に春が進みます。

バロン・ジロードラン右は不明

059 042


クリスチャンディオール


057_2


不明

055  013_4

                        
  
  

グラハムトーマスとホワイトクリスマス

001_2  002_2

 

ラブとジュビリー・ド・モナコ

069_2  013_3


デンテーベス

083 082

ヘリテージ

014_2

004_2  041 

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

筋肉体操

2013年4月26日(金)晴れsun
Cocolog_oekaki_2013_04_25_16_07

 昨日は、「歩道橋の日」だったそうです。え?思わず何?って。

 日本で初めて大阪の道路に歩道橋が架けられた日、だから記念日とか・・・・。

 面白いですね。歩道橋の日は別として○○の日ってたくさんありますがほとんどはごろ合わせ。

 

 今日は、○○の日っていわれますと単純な私の場合、改めてそのことを考えてしまいます。決めた方の思惑通りですね。

 昨日、今日とようやく暖かさが戻ってやっと4月らしい陽気になりました。

 気分も晴々してとてもありがたいですね。

 私はといえば、相変わらず鎌倉彫、刺繍、お習字と続けていますから結構忙しい。

 それに、筋肉体操教室も・・・・・・・・こちら、昨日久し振りに行きましたら私の名前が抹消されていました。(怒)

 無断で私を抹消・・・・この世から抹殺(笑い)そうなんです。無断で欠席ばかりしていましたからしょうがないですね。

 それで、○さんには傷害保険かけていませんから承知の上なら参加してもいいですよ。ニコニコ・・・・って笑いながら係りの人にいわれて、私、怪我大丈夫ですからやっていきます!ってきっぱり!向こう一年、月二回。

 自信ないですけど勢いで言っちゃいました。

 久し振りに動かす身体は、硬くなっていて・・・そしてお腹のでっぱりがじゃまになって、ウ~ンウ~ン。なに?そのうめき声は・・・・(笑い)

 変な声出さないでください、なんて皆さんからいわれなかったですが硬くなった身体を少しでも柔かくしなければ・・・・エイ、痛っ!

 確実に筋肉量は減って脂肪量がそれをカバーしているという最悪の状態。

 これからあつ~い夏に向かってため込んだ脂肪・・・・早いうちに萌え~

 頑固な脂肪の塊。

 夏の暑さとともに二重に燃えるのですから夏が来るのがとても恐ろしい・・・・。

 その前に、次の体操の日は?忘れました!え?(笑い) 

 

 来年の歩道橋の日、歩道橋一気に上って亭主、驚かしちゃおうかしら。楽しみね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

写真、家の庭に咲いている山野草の類ですが、今が盛りです。

 山野草は地味ですがそれなりに素朴で味があって愛らしいですね。

 先日鎌倉のお寺の庭にあった花も咲いています。

 タツナミソウ・・・・北斎の波の絵・・・・大きな波が先の部分だ砕けて、この花そんな形に見えますね。

032_2

033_2 037_2

053 050

 台湾トキワアジサイ。山野草かどうか?でも、風情は山野草

034_3 035_2

 スズラン、小さくて可愛いですね。

034_2 054

 らんの仲間のエビネ。 山に入ればたくさんあったそうですがそれは、昔の話です。

008_3



 白いヤマブキ。水戸黄門の悪代官がヤマブキ色がお好きですが、こちらはプラチナ?(笑い) ちなみに私もヤマブキ色大好きですよ。(笑い)

011_2  013

 花筏(ハナイカダ)・・・・・素敵な名前ですね、葉に花がついています。この花虫みたい。(笑い)

見た目、気持ちが悪いですね。この花小さいですがちゃんと咲きます。



016



111



 左右の写真同じものです。サトイモ科の浦島草。花に釣り糸がついています。右の写真に釣り糸が垂れています。


109110

 自然のいたずら・・・・ふきの葉の上にバラの花びらがひとひら・・・葉の中心に収まっているところが面白いですね。

087

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

パンのお友達

2013年4月23日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_23_11_38

 今日は暖かくなりましたが、4月の陽気はなんなんでしょう。

 お天気とケンカしても仕方がないのですが、折角片づけた冬物引っ張り出してブルブル・・

 亭主も着ぶくれてブルブル・・・

 寒くなる前日までは汗がにじむような日が続いて、もう半袖でもよいくらいね。なんて私の体も気持ちもすっかりその気になっていました。

 私ぐらいのお年頃になりますと、気温の乱高下・・・・ついていけないのです。

 25度まで上がった気温が、10度も一度に下がりますと15度でも真冬のような寒さに感じるものなのです。

 その気にさせて梯子外されたようなものですから・・・・・何故こんなに寒いのよ~。・・・よくやるぐうたら亭主の甘言と同じ。(笑い)

 うまいこと言って、肝心の時いない。・・・・・・。(怒)

 いずれにしても。この気持ちどうしましょう。・・・・・。どこかにぶつけたいのですが・・・・気象予報士?この方たちは責任はありません。天です。天が悪いんです。

 でも、天って?

 天にはお釈迦様、イエス様、そして私の父母もいますので、文句いえません。(笑い)

 それなら、自分の身は自分で守ろうと、エアコンつけたりして、国民等しく節電を心掛けているときに・・・・・裏切り者、非国民。

 でも、私たち夫婦はか弱い高齢者。

 見逃してくださいね。

 さて、寒いのでどこにも出かける気になりませんので恒例のイチゴジャム作りをしました。

 ジャム作るの大好きな私です。

 なんていったって簡単ですから・・・・(笑い)

 朝食、亭主が一丁前にパン食。笑ってしまいます。(クスクス・・・)

 お米と納豆、お味噌汁。それにアジの干物・・・・これが正しい日本の朝食と思うのですが仕方ないですね。本人の嗜好の問題ですから。

 さ~ジャムづくり、

 イチゴを塩で洗います。ヘタを取ってお鍋に入れ、その上に砂糖をドサッと入れてしばらく置きます。

 水分が出終った頃を見計らって煮ます。煮つまったら完成・・・・ホント簡単ね。

 亭主、イチゴジャムよりそのまま食べたいなんてウロウロしていますので、ジャム作っているからジャムしないで!

 そしたら、亭主イチゴは野菜か果物か?なんて使い古しの質問しましたから、うるさいわね~どいてジャムだから!

 私の気持ちぶつけられる相手はやっぱりぐうたら亭主しかいないのです。(笑い)

058


  


061  002

019

 上の写真は、手作りホットケーキ

 下の写真はスコーン、私の手作り。もちろんレシピは本からですが、フードプロセッサーを使って簡単にできました。

 良妻の私、たまには、亭主のために手作りパンもやりましてよ・・・・。(フフフ)

094


今日のお花

 クレマチス(テッセン)が咲きました。つるですから冬の間中どこにあるのかその存在もわかりません。咲いて初めてわかるような・・・・・・そんな花ですが存在感はありますね。

ヨーロッパでは、ばらに絡み合わせた植え方があると聞きましたが、偶然うちのはそうなっていました。

 ちなみに、花言葉は高潔、美しい心、たくらみ、旅人の喜びなど。

 なんか矛盾しているところが面白いですね。


037  038



008

010_2  094

045

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

鎌倉その2

2014年4月20日(土)曇り雨cloudrain

Cocolog_oekaki_2013_04_20_18_12

 前回のつづきです・・・・・。

 妙本寺を後にして次のお寺へ。

 鎌倉には、100を超すお寺があると聞いてびっくりです。

 お寺、なぜそんなに必要だったのでしょうか。ま、そのことは別の機会に考えることにして

 とにかくたくさんの古い鎌倉時代のお寺訪ねたいですね。

 出来るだけ行ったことのないお寺。

 若宮大路から西に入り、長谷寺の隣にある光則寺へ。

 ここは、長谷寺のすぐ隣ですから通常パスしていました。

 それで、今回初めて・・・・・。

 光則寺は、日蓮宗のお寺。1274年の創建だそうです。

 日蓮にかかわる歴史があるようですが、今はお花のあるお寺として知られています。

 山門をくぐりますと、確かにその趣があり、境内の落ち着いた佇まいに暫くここで時を過ごしたい・・・・そんな気持ちにさせられました。

 亭主にどう?って聞きましたら・・・入り口近くにあった鎌倉ジェラードを食べたい・・・・だって。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
 

写真、山門の脇に鎌倉市が建てた石碑があって・・・・ここは関屋光則屋敷跡、

 「北条氏の家臣関屋光則は、日蓮が佐渡に流されたとき高弟の日郎を屋敷内にある土牢に幽閉しましたが、その後、光則は日蓮に帰依してここに光則寺を建立しました。」とありました。

 それでお寺の名がこの方の名なんですね。鎌倉にお寺が多いのは、このような物語によるものだということが分かりました。

059  060

このお寺の見所の樹齢200年の海棠、もう少し早く来ればよかった。ほとんど散ってしまったた後でした。

068  077   

樹齢200年の海棠の根本

067

 海棠の花が少しだけ残っていました。

070

こちらは睡蓮。睡蓮お花が咲くころ来たいですね。

064

 庭全体がとても素敵でした。名の知れたタレントさんがいて何の番組でしょうか、撮影していました。

 この庭には、多分四季様々な花が咲くのでしょう。形よい梅の木・・・・・。

065  087

 池があって、若い女性しっと時を過ごしていました。かっこいいわ。その姿が絵になりましたので失礼でしたが・・・。

073

 古い木から藤の花が垂れ下がってお~・・・・藤だわ。あ、ボタンも・・・うちのボタン枯れてしまいましたのでいいなぁ~なんて。

075  079

ヤマシャクヤク・・・・大好き。家で少し前に咲いてブログにアップしましたが花の色が少し違いました。

061 062


こちらは、花筏。葉に豆粒のような花が付いています。右は和ランのエビネですね。

080   081

 

 光則寺に入る際利用した駐車場に光則寺まで3分。大仏様まで1分と書いてありました。

 まだ少し時間がありましたので、大仏様、1分ならすぐ行くことができるわね。ってことでストッポッチ見ながら大仏様の所へ・・・・。ストッポッチは冗談ですが確かに近かったですね。

 お寺の名は、正式には高徳院。

093


 国宝 阿弥陀如来 雨にも負けず風にも負けず・・・・可哀そうな気がしました。

 でも、阿弥陀様ですから・・・・

 出来た時期、誰が作ったのかは定かでないそうですが、大昔のこと、これだけのもの作るのには、時の権力者がかかわらなければできないと思うのですが・・・。

 正面からの写真は、よくありますので、斜め前方からパチリといきました。男前、ハンサムですね。(私のことお守りください。)

101

 右頬に、金箔が残っていました。創建当時金色に輝いていた。それはまた神々しいですね。

 亭主と私、大仏様の耳たぶ見て、私「あれ、イヤリング」、亭主「耳たぶだよ。」。私「輪になっているわよ。」、亭主「仏の耳は大きいの!」

 言い争い結局、亭主に押し切られました。なんというくだらない夫婦でしょうね。(笑い)

103

 鎌倉土産は、定番鎌倉ハムとミルクのみ亭主の大好きな鎌倉カスタ。

 亭主、店の人と、何故蛯名(東名、蛯名サービスエリア)やめちゃったの?なんて尋ねていました。蛯名で買うの楽しみにしていましたから・・・・・。

112    114

 鎌倉彫の木地・・一所懸命彫りますよ。

048

今日のお花

 サクラソウが咲いています。もっとあったのですがいつの間にか少なくなってしまいました。管理が悪い証拠ですね。

020  031_2

029_2  024_2

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

鎌倉その1

 2013年4月17日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_15_21_26

  鎌倉、ひとつづつの文字のもつ意味考えますと別になんとは思わないのですが、カマクラにはなぜか、ワクワクする響きがあります。

 

 先週、鎌倉彫の木地を求めてカマクラに行ってきました。

 

 運転を亭主に頼むのですが、亭主、もったいぶってブゥブゥブゥ・・・・。

 

 亭主の運転する車もブゥブゥブゥ・・・

 

 車に乗せてもらっている私の耳に、ブゥブゥブゥがステレオで・・・。ウルサイワネ・・・

 

 でも、そこは我慢・がまん。亭主の立場になって考えますと自分の時間を割いて私に奉仕するのですから少しは文句並べたくなりますね。

 

 統計上、亭主の文句and不機嫌はこちらが無視していれば約10分で終わります。これうちの場合ですが・・・・。(笑い)

 

 10分間は、おとなしくしていますがそれが過ぎればこちらのペース。

 

 スピカーの音もう少し小さくしなさい・・・とか、スピードあげてはダメとか・・・・矢継ぎ早に指令を出します。

 

 そんなわけで、最後に勝つのは私。(笑い)・・別に勝負してるわけではないですけどね。

 

 西湘バイパス一気に行けば潮風も爽やか。

 

 この時期になりますと湘南海岸には人の出多いですね。湘南の海は日本有数のブランドですから。

 

 春の鎌倉。桜はもう終わっていましたが、桜でなくてもいいからお花見たいわって少しワクワクしながらまずは、用事から。

 

 いつも行くお店で、鎌倉彫の木地をまとめ買い。日本経済デフレなんていってもいやいやどうしてこちらはインフレ・・・・高いわ。

 

 いつも買っているので少しはまけて・・・・・なんて言いたくても・・・気が小さくて言えません。

 

 いわれるままお支払い・・・トホホホ・・・・。いつか一矢報いたいとは思うのですがお店の方、値段だけは絶対負けないオ~ラが出ていますから無理でしょうね。

 

 さて、用事を済ませた後は、お昼ご飯を・・・・・。

 

 できるだけ初めてのお店に入ることにして駅の近くで尋ねました。

 

 予算1500円程度、安くて美味しいお店知りませんか?って。

 

 イタリアンレストラン・・・・オステリア コマチーナを教えていただきました。

 

 亭主と二人でお店を探して小町通りキョロキョロ・・・なかなか見つかりませんでした。

 

027

 

 教わった場所で、お店のおじさんに訪ねましたが要領を得ません。どうなってるのでしょう。名前、難しすぎますものね。

 

 コマチネ、小町ね・・・なんて冗談言いながら汗かいて結局、自力で小さな雑居ビルの2階にあるのを見つけました。

 

 中は写真のような雰囲気の小さなお店。若い人向きの仕様ですが私達も若いので(笑い)特に違和感はありません。

 

 ランチをひとつください。あ、間違いました。亭主の分もで二つ・・・・・。店員さん、男の子でしたがなかなかフレンドリー。

018

 ランチの内容、フォカッチャ(パン)、サラダにパスタ、カプチーノでした。

 サラダは、手が込んでいて説明受けましたが忘れました。でもdelicious。予算通りの値段としては適当でしたね。

021_2022



023025_2



026_2

 昼食が済んで、お寺巡り・・・・。

 最初は、鎌倉駅から10分くらいでいける妙本寺。

 このお寺は、頼朝の重臣比企一族が内部の主導権争いで北条一族に敗れ生き残った子が出家し、日蓮に帰依し建立されたそうです。ちなみにここは比企の屋敷跡だったそうです。

 ところで、比企能員の娘若狭の局は2代将軍源頼家の妻。

 2代将軍の子は5人いて1人はあの公暁、もう一人の竹御所は4代将軍九条頼経の妻といいますから比企一族の血はなかなかのものですね。

 このお寺は、比企一族の石碑など縁のものが多くありました。

044

本堂までのアプローチ。お寺の境内らしい空間が続きます。

045  046

境内のそこここにシャガの群落がありました。シャガは、うちにも咲いていますから何となく嬉しい。

048

二天門(1840年)には珍しい羽のある竜の彫刻がありました。竜の顔お分かりですか?緑色の顔して正面向いています。

050

 門の左右に仏像がありましたが誰?四天王のうち持国天と多聞天

051052

これが本堂です。ここには桜の後に咲く海棠がありますが花は残念ながら終わっておりました。

053

 

 妙本寺から至近の距離にある大巧寺の境内です。お花が咲いていましたのでパチリパチリ。


 ここの境内はお花が綺麗に管理されています。今椿が盛りでしたが、珍しい花がたくさんありました。その一部だけ・・・・。

035_2    037



039

白いヤマブキと右は白のウツギ

041  034_2

鎌倉……次回は光則寺。

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

地震

2013年4月14日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_15_11_15

 昨日、阪神地方に地震が・・・。この地方にお住まいの皆さん、さぞ驚かれたことでしょう。バラさんの昨日のブログには、

  ドォ~~ン!
 起床の直前でした。
 関東から?
 東京にいる娘の事を思いました。

 いや待って?
 直下型だ。
 震源は近い。

と、書かれていました。

 地震の揺れに驚いた様子が臨場感をもって表されていました。

 阪神地方は18年前に大地震がありましたから再び地震?・・・・に驚きました。

 原因は、知られていなかった活断層が動いたということでした。

 今回のことで、日本中地震の巣だらけ、いつでも大地震の起こる可能性、どこにでもあるということを改めて認識いたしました。

 現に今朝の10時過ぎ、体が揺れるのでおかしいなと思っていましたら関東地方で震度3の地震。こちらでも揺れますとなんか気味悪いですね。

 私は、今回の阪神の地震は朝起きてすぐTVで知ったのですが、比較的落ち着いた様子に見えましたので安心しました。

 でも、その後の報道で被害状況が明らかに・・・・。いつもそうなのですが、被害状況は、時間の経過とともに当初発表より広がっていきます。

 淡路の被害は大きかったですね。お気の毒なことでした。

 震度5の大阪の揺れをTVでみて、そのすさまじさに驚きました。

 ブログでお付き合いいただいています阪神地方にお住いのあざみさん、しょこらろーずさん、そしてバラさんのことがすぐに気になりました。

 その後、みなさん、被害もなかったとのことが分かり良かったと、安心いたしました。

 

 災害大国日本。東海地震や南海地震が予想される中、こんな状況が続きますと、安心して住めるところがなくなってしまいます。

 私の場合、海の近くに住んでいますから津波がとても心配です。

 津波の及ばない高いところに住みたいわ。こういつも亭主にいっています。

 安全なところ・・・日本で一番高い場所は、え~と・・・・富士山fujiのてっぺん。

 ここなら津波絶対大丈夫!

 でも、富士山は噴火の可能性

  あそこもだめ、ここもだめってことですね。私悪いことしていないのにどうしましょう。

 毎年やります避難訓練、真面目にやるしか生きる道ないようですね。

 あと、最後の手段、津波が来ましたら私魔女ですから箒・・・・・そう、箒に乗ってしまえば・・・・・この方法があったわね。(笑い)

 亭主は?箒にぐうたら亭主一緒に乗せますと、重量オーバーで箒が飛びません。

 仕方ありません。非常時はそれぞれが自分のことだけを考えて・・・これがセオリー。

 可愛そうですが亭主はおいていきます。

 どなたか亭主拾ってください。(笑い)ご飯食べるほかは何もできませんが、二つだけ洗濯物干すこととゴミだしができますよ。(笑い)

写真  津波さえなければ海は素晴らしいのですが・・・・・・。

037

今日のお花

 家の庭で咲いている赤い花をアップしてみました。赤にもいろいろな赤がありますね。

チューリップ

029_2

こちらは、八重のチューリップ。

098  021



アネモネと右はサクラソウ

116  115

ツツジ・・・居間から見て左右に二株あったのですが一株は、寿命でしょうか。枯れてしまいました。このツツジは、同じ木に赤とピンクが咲いています。

010


011 030

フリージャー

066 032 


この椿、鉢植えです。鉢と同じくらいの花。可愛いですね。

029


シャクナゲです。この花もきれいな花ですね。

047  026
 


bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

二つの美術展

2013年4月11日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_10_21_42

 孫の富士太郎の我が家での春休みが終えて、彼の家まで送り届けました。

 家を午前中に出て、夕方までに送り届ければいいわって、東京駅から上野に。

 今、上野の西洋美術館ではラファエロ展が開かれていてこれを見るためです。

 昨夕、富士太郎に明日ママのところに帰るけど、上野でラファエロ展観てからになるからねって言い聞かせましたが、それ観るなら早くうちに帰りたいなんて・・・・やっぱり子供。

 そういわれますと教育マジョリン俄然闘志がわきます。

 富士太郎!黙ってついてきなさい!(怒)

 ママも叔父さんも子供の頃は、絵をよく見たわよ。この言い方よくないことは分かっていますが、教育は、パパとママがしてますから、そこは気楽に私流。(笑い)

 兎に角、本物を見ること。・・・こんなこと言ったって本人は一向にその気にはなりません。

 なにせ、今興味のあることは将棋だけですから。(笑い)

 富士太郎、ブツブツブツ・・・・・。でも、こういう時の私は、決して妥協はしません。

 会津の「ならぬことはならぬ」・・と同じ。(笑い)

 黙って、やり取り聞いていたぐうたら亭主、富士太郎をお風呂に誘いました。

 どう説いたかは知りませんが、富士太郎を納得させました。なかなか老獪ね。

 と、いうわけで、上野の駅から私の後を足取りも重くトコトコトコ・・・・美術館の近くにきますと博物館のほうがいいなんて最後の抵抗を試みましたが、博物館は後からねって強引に・・・・ラファエロ展へ。

 

 そんなわけで、おばあちゃん嫌われ者になってしまいました。(笑い)

 とにかくラファエロ・・・・簡単に見られるような絵ではないのですから凄いですよね。まとまってこれだけ来ていますから観ないてはありません。

 好き嫌いはあっても、世間ではこの方の名を知らない人はいないでしょう。

 ルネッサンスの同時期に美術史上最大の巨匠、ダビンチ、ミケランジェロ、ラファエロがそろってこの世に存在していたなんて・・・・・信じられません。

 ちなみにダビンチは、1452年から1519年。ミケランジェロは、1475年から1564年、ラッファエロは、1483年から1520年と同じ時期(36年間)を生きておりました。

 しかも、同時期それぞれがイタリアはフィレンツで活躍されていたというから驚きです。

 年齢が一番年下のラファエロは、ここでダビンチとミケランジェロの作品を学んだそうですが天才はそれをそのまま模倣するのではなく、二人とはまったく異質の自分の世界を切り開いています。

 三人の絵の印象ですが、ダビンチは理詰めで完璧、ミケランジェロは激しさと躍動、ラファエロは優美、そんな個性かななんて私だけの見方をして楽しんでいます。

 さて今回の展覧会、読売新聞はこのように書いています。

 「レオナルド・ダビンチやミケランジェロと並び、イタリア・ルネサンスを代表する画家ラファエロ・サンツィオ。その傑作を集めた日本初の「ラファエロ展」が国立西洋美術館で開幕する。

 初公開の「大公の聖母」をはじめ、油彩、素描など巨匠の作は、約20点。世界の美術館が重視し、借り集めるのは容易ではないため、極めて稀な機会となる。ー略ー」

 ラファエロ展はおっしゃるとおり初めてのことですし、極めて稀だと思いました。

 作品では、やはり目玉の「大公の聖母」ですね。あと印象に残ったのは、モナリザの影響がうかがえるという「無口な女(ラ・ムータ)」でしょうか。

 館内に入って、音声ガイド借りて説明を受けながら観ていましたら、突然富士太郎音声ガイド貸してといいます。

 仕方なく、渡しますとそれ聞きながら自分のペースで観ていました。

 美術館出まして、どうだった?ってききましたら、うん、よかったって・・・。博物館に行く?って聞きましたらもういい・・・・といっておりました。

 私が科した本人にとってはきついノルマでしたが終って安心したのでしょう。

 良い子になっていました。(笑い)

写真 美術館の前にあるこの絵が大公の聖母ですね。

004


003




116


 これ、美術館で売っている今回の作品の本ですが、本格的な本は、重いのでやめて小さいこの本にしました。富士太郎、この本僕も欲しいといいますから、思わず、え?って思いましたがよろしい・・・買ってあげるわ。観させた効果があったのかしらなんて・・・・。

 あと、わたしより先に、ぐうたら亭主が、この展覧会観ておりましてこの本もっておりまして、そのことから写真には2冊写っています。もったいなかったですね。

115

ポストカード・・・ラファエロの絵です。

120

 娘ラズベリーの家に、夕方着いて一泊。

 次の日帰りましたが渋谷経由で・・・・・渋谷は、bunnkamuraへ

 こちらでは、フランドルの巨匠ルーベンスの展覧会「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」を開催していましてそれを観ました。

 ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)。

 イタリアでラファエロなどルネサンス絵画を学んだといわれていますが、前の日にラファエロ展を見ただけに興味深く観覧しました。フランドルの画家の絵も私は好きです。

 この展覧会の詳細はこちらでどうぞ→

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_rubens/index.html

BUNNKAMURAの売店

018

019

渋谷では、昼食は東急デパートのレストランで・・・思い切ってランチを注文しました。

012



015  017


 亭主へのお土産は、浅草満願堂の芋きん。大丸デパートで買いました。人気のお菓子ですでに人が並んでいました。

 お芋といえば、バラさんの4月7日のブログにお芋のケーキが出ていました。あちらはお取り寄せ人気ナンバー1と、とてもおいしそう。こちらも人気はなかなか・・・同じ時期に東西のお芋のケーキが出てくるのもいとおかしですね。(笑い)



054056

今日のお花

 今日は、今咲いています青い花をアップしました。

 中には終りかけの花もあり、ちょっとブル~な気分にさせられますが、でもお花は良いですね。

003_2

ヒヤシンスと右はムスカリ            

037  089

イチハツが咲きました。こちらは咲いたばかりです。

089_2


078 077

藤の花ですが、種から育ちました。親はピンクの花でしたが不思議ですね。右は、フリージャー

083 082


オダマキとミヤコワスレ

024 002

 うちの庭には昔からスミレがたくさん居ついていましたが、昨年植木屋さんに笹退治のため薬を使っていただいたのが影響したのでしょうか。スミレは全滅。わずかに一輪、鉢に咲いていたスミレです。私にとっては、かけがえのない花ですから大切にするつもりです。

 そういえば、バラさんのお宅も今色々なお花で一杯ですが、3月28日のブログにスミレの原種が出ていましたね。鉢にたくさん植えられて・・・・綺麗でした。

041

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

マニフェスト

2013年4月8日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_07_13_34

 「マニフェスト」、民主党が政権とったときの国民との約束。

 あれ?それって違うんじゃ~ない・・・・なんてことばかりでした。

 よって、「マニフェスト」の定義は、国民との約束を破ること。(笑い)

 

 その結果、民主党は政権から落ちて今や見る影もありません。

 さて、私達の孫の富士太郎へのマニフェスト。

 「富士太郎が作った春休みのお楽しみ計画、全力で協力します。」・・清き一票お願いね。

 約束は、ほとんどぐうたら亭主がやることばかりですから私は気楽なものです。

 ぐうたら亭主は、民主党と同じになってはいけないと、ホスト役として一所懸命。sweat01

 知能が同程度ですから(笑い)とても気が合います。smile

 将棋は、毎日暇さえあれば相手してました。

 その結果、亭主の10勝25敗。

 結果は、リアルタイムで富士太郎からパパ・ママにアナウンスされていました。(笑い)

 あなた弱いわね。なんて言ってはいけないこと・・・言ってしまいました。

 当初は、富士太郎が将棋盤もって亭主追いかけていましたが、後半は亭主が富士太郎追いかけてもう一回頼むから・・・なんて。(笑い)

 

 富士太郎昨年の夏休み、将棋道場で負けたおじいさんにリベンジすることが目的の一つでしたので、亭主に手をひかれ将棋道場に・・・・・。

 2回ほど行ったのですがその方には会えず、違うおじいさんが相手をしてくれたようです。お爺さんも真剣。そして富士太郎惜敗。

 返り討ちにあったそうです。

 そのお爺さんから、この子なかなか強いよ。って言って頂いたようで帰ってきた富士太郎、夏には絶対勝つなんて将棋についてだけ根性見せていました。(笑い)

 

 

写真 リベンジしましたが残念ながら玉砕でした。でも、このお爺さんよく相手してくださいました。ありがとうございました。

 298

ここは、おじいさんたちのたまり場。毎日将棋と囲碁に熱中しているところです。

299

 次は、温泉のお話。

 富士太郎が温泉にいきたいっていったのには、いささか驚きましたが、

 私も肩が凝っていましたので温泉いいわねって亭主に頼んで伊豆長岡温泉へ。

 久しぶりの日帰り温泉でした。家からは車で2,30分くらいでしょうか。

 最近日帰り温泉が増えたためか中はスキスキ・・・。 

 ここの温泉は、内風呂がひとつに露天風呂が四つ、それにサウナもりますので設備はとても充実しています。

 ゆっくりと湯につかって、手足を思い切り伸ばしますと日ごろの疲れがとれます。

 やっぱり、温泉大好き・・・。

 亭主と一緒の富士太郎、大きなお風呂にいくつもの露天風呂があるので喜んだようです。でも、出てきて口数が少なく心なしか顔が白い。

 ははぁ~ん、湯あたりね。亭主に言わせれば少し張り切りすぎたのだそうです。 

 すぐに冷たいジュースを飲ませて横にしました。ついでに私も横になってうつらうつら・・・・。

写真  ここは、伊豆長岡温泉では最初に日帰り温泉始めた老舗です。大人700

   円、子供400円でしたから安いですね。

060


063 072  


067


 このほか、お楽しみ計画にあった水泳は、亭主が1日だけ温水プールに連れて行きました。小学6年になると遠泳1Kmやらなければならないと今から心配していて一所懸命練習したそうですが、亭主に言わせますとまだまだとのことでした。

 本人はもう少し通いたかったようですが、寒い日が続きましたので私がやめさせました。

 あと、図書館は、私が2回ほど連れて行ました。

 亭主が用事でいない時は、私が事前に用意しておいたプラモデルをやらせました。

 手先を使って集中力つけようとの、教育魔女リンのたくらみでしたが、うまいぐわいに富士太郎喜んでやっていましたから・・・・よかったわ。

写真 細かいので結構面倒・・・・それでも作り上げたようです。

151 

143  335

 さて、マニフェストの検証してみました。

 里山に登りたいとありましたが、これはできませんでしたが、日本平に行きましたからよしとしましょう。

 あと、水族館もはいけませんでした。

 苦肉の策として、魚市場の見学を提案。

 富士太郎は朝は5時には起きましたが、ぐうたら亭主の起きたのは7時。

 二人で市場に行ったときは、セリは終っていて後片付けしていたそうです。それでも、魚市場の雰囲気を見せたとぐうたら亭主は得意顔。

 水族館と魚市場では似てもいない非なるもの。(笑い)無理がありましたね。富士太郎まったく感激していませんでした。(笑い)

 

写真 市場にはわずかの人が残って片付けしていました。
 

315

                             カツオですね。
318  328
  


これは、金目鯛                    アジ
327  326


325

 孫の富士太郎滞在期間の1週間、駆け足で過ぎていきました。

 久しぶりに活気が出た我が家。富士太郎との約束は、概ね果たしたように思います。

「マニフェスト」は90%実現の合格でしょうか。

 富士太郎の玄関の掃除と植木への水やりのアルバイト、7日中5日やりました。

 雨とこちらの都合で2日間はできませんでしたのでこちらは100%。

 1週間で500円の約束。帰りがけに500円渡しましたらとても喜んでいました。本当可愛いわね。

 

 亭主が、別名目でお小遣いをそっと・・・・いい役やるわね。ぐうたら亭主。要領がいいんだから・・・・。

 ま、とにかく富士太郎も、親元離れて生活して少しでも成長してくれればよいのですが、何せ我が家には名うてのぐうたら亭主が・・・・・、影響がとても心配。

 帰りがけ。富士太郎が夏休みの予約入れていってよいかって・・・・・この言葉聞いて、「マニフェスト」100%だったわって・・・・・・・。富士太郎も私達泣かせるわね。

今日のお花

シャガが咲いています。この花アヤメ科の花。あやめは5月に咲きますがこちらはひと足早く咲きます。

280 281


山芍薬です。ボタン科の山野草。可愛いですね。以前この花気に入って買ったのですが花が咲かずだめになって、今回の花は2代目。昨年買って、今年初めて花が・・・・でも咲くのは3日間くらい・・・・・花の命は短いわね。


250  253


台湾カタクリの花。花の色は黄色です。日本カタクリは紫ですね。カタクリも花の命は短いですね。


260 261

 庭梅です。梅より後から咲く花ですが、形が梅に似ているからこの名があるのでしょう。

 この花やがて真っ赤な実をつけます。

042  076

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

久能山イチゴ狩りと東照宮

2013年4月5日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_04_04_20_46

 小学3年生の富士太郎と春休みの一日久能山へ。

 彼は、一週間我が家に滞在しました。

 滞在に当たって、お楽しみ計画を自分で作りそうしたいって。

 ママのラズベリーからは、たくさん遊ばせてとたっての希望。

 引き受けたわって公約。出来るだけやってあげるわよ。亭主が・・(笑い)

 富士太郎の計画の中にイチゴ狩りと水族館見学がありましたので、それなら静岡の久能の石垣イチゴと三保の松原にある東海大学の水族館がいいわね。って勝手に決めちゃいました。

 ついでに、久能山には家康公を祭る東照宮がありますので、そこを富士太郎に見せて歴史の勉強もさせちゃいましょう。

 富士太郎のことになるとシャキっとするぐうたら亭主。張り切って10時に出発。

 清水港を見ながらサッカーの清水エスパレスショップの横を通り、まずは久能海岸へ。

 昼食はコンビニのおにぎりを久能山で食べることに・・・・・。

 久能海岸には、イチゴ狩り農園が並んでいます。久能山はその中ほどにあって、海抜270m、石段1159 段登れば頂上の東照宮にいけます。

 ちょうどお昼近くでしたから、どこで昼食にするか協議。

 私のお腹はすでに虫がギュ~なんて鳴いておにぎりが目にチラチラ。

 早くおにぎりって思ったのですが、亭主と富士太郎・・・おにぎり食べたらイチゴ食べられないなんて。一理あるわね。二人ともイチゴ屋さん泣かせ・・・・。(笑い)経済観念も。

 多数決を尊重、私達三人お腹すかせて、イチゴ狩り。(笑い)

 ビニールハウスに入ってイチゴを採るのですが暑くて長くいられません。急いで出ては木陰で食べて・・・それの繰り返しでした。何回やったでしょうか。

一時間程度はいたと思いますが、食べたイチゴの量、私と富士太郎が約50個?亭主は何と100個と申告してました。happy01

 全員がイチゴ好きですからそれぐらいは、いけますね。

 ちなみに、久能の石垣イチゴは私が小学生の時に教科書に出てくるほど有名でしたが今はどうなのでしょうか。

 明治に始まった久能のイチゴ栽培。その方法も石垣を組みそこに栽培するという方法です。後発組の伊豆のイチゴは土の上。

 久能の栽培方法はユニークですね。

 参考までに、入園料一人1800円でした。大人は7歳から。ちょっと高いと思いましたが・・・

写真 久能のイチゴビニールハウス。海岸に沿ってハウスが並びます。静岡は暖かですからイチゴに適しているのでしょう。

079

石垣イチゴが続きます。とっては食べ食べてはとって50個余り・・・この日は本当に暑かったわ。(笑い)

041

富士太郎も暑さには参ったようでした。

018


 さて、イチゴでお腹をいっぱいにした三人。

 いよいよ、東照宮の見学です。東照宮は、ご祭神  家康公

 ここ久能山東照宮は、東照宮としては日光東照宮と並ぶものですがスケールでは圧倒されます。

 でも、ここは駿府(静岡)におられた家康公が最初に葬られた場所。

 1616年4月に家康公が逝去。翌月5月にの東照宮は着工され1年7か月で竣工。

 日光東照宮もほぼ同時期に建立されて、家康公はそちらにに改葬されたと書いてありました。

 ま、そんな歴史を訪ねて正面石段からチャレンジって思ったのですが、石段1159段は、私にはとても無理です。

 それに石段の一段ごとの高さが高いんです。

 前進が武田信玄が築いた久能城だったので敵から守るため高くしたのだそうです。

 見ていますと、この階段上る人はおりませんでした。

 観光客は、日本平に回ってそこからロープウエイでまいります。ここからなら所要時間5分と楽ちんです。

 ま、ロープウエイに乗るのも一興ですね。

写真、15分ごとにロープウエイは出ています。日本平のほうが少し高い位置にありますので駿河湾を眺めながら降ります。

049

 東照宮の全容です。ロープウエイで行っても、中は石段80段くらいは歩きます。短足の私では結構厳しい・・・(笑い)

076

重要文化財の桜門

084  093

重要文化財の鼓桜                         正面が唐門



101  102

正面  重要文化財日枝神社
115

唐門が正面の門ですがここからは入られず、横の門から境内に入ります。


178

塀には葵の紋が・・・金箔がたっぷりと塗ってあって立派ですね。

124

 国宝 拝殿 総漆塗り、極彩色が施されていてきらびやかでした。

社殿は、日光より19年も前に作られたとのことですから、歴史は古いですね。

133

建物いたるところに、彫刻、彫金と絵が・・・・。ほんと、美しい建物でした。


134  141


143   146

拝殿の正面 どうですか?この色使い・・・・。

145

彫金の細工が細やかでした。

148   149

拝殿の奥、石の間を西側から見ました。

153

これは、上の写真の一部をアップです。見事な絵ですね。

156  157 

石の間を東側から見ました。こちらも見事に美しい・・・・・。さすが国宝です。


173

この石垣は昔のまま。右手に曲がりますと、新廟(家康公のお墓)

怖がりのぐうたら亭主、富士太郎とここで眺めて降りてきました。

160

ロープウエイで日本平に戻り富士山を眺望。ここからの富士は有名なビューポイント


207

清水港の向こう雲の上に富士山の頭が・・・・残念ながら全体は見ることができませんでしたが・・・でも、富士山って高いですね。

221_2

 日本平で時間は、16時でした。残念ながら水族館はあきらめました。

 今日のお花は写真が多すぎましたからお休みいたしました。

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

家族

2013年4月2日(火)雨cloud

Cocolog_oekaki_2013_04_02_22_13


 春休み一週間、孫の富士太郎が親元を離れて我が家に。

 一週間が過ぎるのは大変早く春の嵐が急ぎ足で通り過ぎて行った・・・そんな感じでしょうか。

 一週間という暦の単位ってあっという間。 一年52週ですからこんな日が続くと一年ってすぐ過ぎちゃう。

 3月31日の日、私が東京に住む娘ラズベリーの家まで富士太郎を送り届けて、彼の我が家での生活は終りました。

 今、富士太郎がいなくなった家に戻って、今回活躍した「ぬれ落ち葉ことぐうたら亭主」と二人(笑い)・・・・また元の時間が戻ったわね。なんて・・・。

 子供一人でしたが、彼がいるだけで、家の中は活気づき甲高い声と笑い声が絶えませんでした。

002

 家の中で如何に子供の存在が大きいかそんなことを改めて感じました。

 年寄りの生活に、小さな子供の存在が必要ね。泉のごとく湧き出るエネルギッシュなパワーをいいただけるのですから。

 子供にも、親とはまた違った方法で愛情を注いでくれる祖父母の存在は良いものでしょう。

 128

 富士太郎が来て、家族の在り方を改めて考える機会にもなりました。

 親子三代が一緒に暮らす・・・・こんな形ができれば理想なのです。

 でも、私達の年代から、もっと良い家族の形があるはず?と核家族化に進みました。

 そして私達が望んだとおり核家族化は定着し、ずっと続いています。

 その結果、私の地域では、あちらを見てもこちらを見ても65歳以上の夫婦二人か一人世帯。

 高齢核家族。こんなはずではなかったわね。

 高齢化率(65歳以上)が26%を超えますと超高齢化社会だそうです。

 日本の高齢化率2010年で23%、2030年推計では31.6%だそうです。

 311

 将来の日本は、若い人たちより高齢者が多い社会になります。

 こんな社会は健全でしょうか。

 すべては、私たちが望んだ核家族化から始まったような気がします。

 そうだとすれば、仕方ないわね。その責任は自分自身が負わなければね。

 暗い話になりましたが心配ありません?

 人の英知は全く考えもつかなかった新たな楽しいライフスタイルを考え出してくれるでしょう。

 例えば、仲の良い人が集まっての共同生活・・・・・・

 精緻なロボットが生活のパートナーになどなど・・・・・ま、そんな将来も面白いかもしれませんね。

 

 

 今日は、富士太郎との楽しかった日々をつづろうと思ったのですが、おかしな方向に進んでしまいました。(笑い)

 そのことは、次回に・・・・・

137_2

 

今日のお花

 庭に今咲いている白い花を集めました。

 この花は、花ニラ。わざわざ植えたわけではありませんが昔からあります。球根で増え過ぎて私は嫌いですが、亭主はこの広がりが好きだといっています。

023

庭に、広がっています。

284 238

白いチューリップ

236

白いフリージャー

288  030

白い水仙

293

芯まで白い水仙                   白いクリスマスローズ

289  032

白椿                          雪柳

017  050

ルッコラーの花 形が面白いですね。     マーガレット

043  031

白雪ケシ 茶花です。                      

051  

bellbell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ