« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

テディベア

2013年7月29日(月)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2013_07_29_22_34

 有楽町で、ラズベリーと昼食を取った後東京国際フォーラムへ。

 「第21回日本テディベアwith Friendsコンベンション ~テディベアにできること~」を見るためです。

 この催しは、特定非営利活動法人日本テディベア協会が主催し、趣旨は、東日本大震災の被災地へテディベアを通して継続して支援するというものです。

 会場では、国内・海外のテディベア作家、アニマル作家などが作品を展示・販売していました。

 そして、出展作家有志の方々の東日本大震災チャリティーオークションが行われ、これらの売り上金も寄付されるとのことでした。

 

 ほかに、テディベアアーティストの登竜門としてコンテストが行われ会場は、関係者はじめ見物客で溢れていました。

 可愛いテディベアの魅力によるものですね。それに、目的がチャリティー。

 作家による作品が所狭しと展示されていて、ま、素敵。ま、可愛い。ま、上手だわって、

 私は、会場内をキョロキョロ・・・・。

 ラズベリーも、キョロキョロ・・・・・母娘でキョロキョロでしたね。

 孫の富士太郎は、そんな二人の後におとなしくついて見ていました。

 ラズベリーが、お気に入りの作家さんの作品を買いましたので、母娘は一体ということで、私のチャリティーはそれで許していただきました。

 皆さんご承知のように「テディベア」は、アメリカの大統領、セオドア・ルーズベルト大統領のニックネーム「テディ」に因んだ呼び方だそうでアメリカ生まれ。

 ドイツのシュタイフ社も同時期にクマのぬいぐるみを作っているということでさて、どちらが本家?

 私は、テディベアのクリスマスオーナメントをワシントンDCのスミソニアン博物館でget、縫いぐるみは、シュタイフ社のものを持っていますが、私の場合どちらかといいますとシュタイフ社派でしょうか。

 

 写真 会場内、上から見てパチリしました。小さく映っているのは、人です。テディベア人気、すごいですね。

002

 ラズベリーは、ミニチュアベアの一人者、国本雅之さんのヴォーグ学園の講座を受けています。 

 先生のは、モールベアといい、針金のモール4本で作る高さ3センチ程の小さな作品です。

 展示ブースがありましたので、パチリ!下の写真ですが、キュートですね。ちなみにこの指は、先生の手で、見るからに器用そうですね。あまりの小ささに手が震え?ピンボケ気味。

019

015   017


こちらは、他の先生の作品で、昨年入賞されたものです。

020


021


022

025

国本雅之さんの「はじめてでも作れるたった3センチのミニチュア・テディベア」の本を買ってきましたが、さて、どうしましょう。トライしてみようかしら・・・・・。ライバルラズベリーに対抗して・・・・(笑い)

055

こちらは、娘のラズベリーの作品。3センチほどのモールベア、「スーティタイプ」だそうです。ラズベリーまあ~まあ~やるわね。・・・・・私これ以上のもの作りたいわ。(笑い)

__

今日のお花

バラが、咲いていますがやはり夏のバラは、美しいとは言えませんね。

015_2  025_2



048 050


056

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

ブランドうなぎ

2013年7月26日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_07_26_21_55

 東京でうなぎ・・・

 少し前の事、孫の富士太郎が我が家にstayすることになりました。それで私が迎へに行き娘のラズベリー家に一泊。

 翌日、帰りがけにラズベリーと創作テディベアを見に東京国際フォーラムに寄ることになりました。

 降りた駅が有楽町・・・・「あなたを待てば雨が降る~」私、古いわね~・・実はこのころ生まれていなかったのです。(笑い)ってのはウソです。

 この日は真夏の猛暑。

 有楽町は、いつも雨かと思っていましたが、強い陽射しで頭がクラクラ・・・。

 そのとき、ラズベリーが丑の日には少し早いけど、お昼うなぎごちそうするわ、って。

 え?本当?ムムム・・・・予想外の展開・・・・良い方向ね。

 クラクラしてたのが、元気に・・現金なものです。

 でも、東京でうなぎ?

 私の知識は偏っていますから、ウナギの本場は、浜松か三島って勝手に思い込んでいて、わざわざ東京で?って思いましたが、よく考えますと東京は、世界中の美味しいものが集まっていますから・・・・どんなものでも本場ですね。

 ラズベリーに連れられて、とあるうなぎ屋さんへ。

 お店の名前見たら、炙一徹(あぶりいってつ)・・・・凄い名前。私も炙られてしまいそう。

 お店は、うなぎ屋さんにしては、普通の食堂って感じ。2階に上がってうな重を。

 ここのお店は、利根川の河口にある銚子のうなぎ問屋忠平の直営店だそうです。

 そういわれたって、私、忠平のこと何も知りません

 でも、凄いんだそうです。

 忠平のうなぎには、「坂東太郎」というブランド名が・・・・・・グッチや、エルメスは知っていますが、うなぎのブランド名って初めてききました。(笑い)

 坂東太郎は、暴れ川の利根川の別名として知っていましたので、ハハ~ン、利根川の天然うなぎね。それで美味しいわけね。

 ところが、お店にある書き物読んだら養殖うなぎだそうです。でも、でも、限りなく天然うなぎに近づけることができて味は一級品。

 栄養の方もうなぎに含まれるビタミンE、EPA、DHAの含有量が天然うなぎを大きく超えているそうです。

 その理由は、養殖方法にあるそうです。

 ま、説明がくどくなりましたが、思いがけず大好きなうなぎをごちそうになり感謝感謝でした。

 問題は、味。これを書かなければ今日の物語は完結しませんね。(笑い)

 

 食べる前に、ラズベリーやここの書き物で坂東太郎の情報たくさん詰め込んで洗脳されてしまいましたので、この世のものとは思えないほどの味を期待しました。

 食べてみたらうなぎの味がしました。(笑い)

 きっと、事前情報がなくて頂けば、極上の味。

 味覚も、事前情報によって多少左右されるかもしれませんね。

 冷静になって思えば、私の住むところのうなぎも美味しいのですが、こちらも、確かに美味しかったです。坂東太郎・・・私にとっては最初で最後でしょうね。

 うなぎ食べて、元気になってこの後東京フォーラムに行きましたが、そのお話は次に書きたいと思っています。

 うなぎ坂東太郎の問屋忠平のホーム。炙一徹は直営店です。詳細はこちらでどうぞ→

http://www.chuhei.co.jp/aburi.html

 

写真 新装なった東京駅・・・・・やはり建物としての価値はありますね。デザインが素敵。

 

040


駅舎の中のホールの天井。こちらもナイスでした。


039 035

有楽町、うなぎ屋さん「炙一徹」

027_2   028

ラズベリー無理して・・・豪華でしたね。美味しい・・・・坂東太郎。

030

 先日のバラさんのブログで、うなぎ川のお話がユーモアたっぷりに書かれていました。

 思わずプッ!smile

 その日、偶然バラ家と同じ甲州の桃を食べました。山梨は、果物の産地です。

 同じ日というのも嬉しいかったし、お互いに美味しかったですね。wine

 そして、今日のブログ、立派な包丁見せていただきました。三木市は伝統ある刃物の町なんですね。銘切りの技術に唖然。動画拝見させていただきました。

 三木市が舞台の来年の大河ドラマ黒田官兵衛・・・私も楽しみです。

今日のお花

日本原産のギボシ。存在感がありますが花よりも葉の賦の方が良いですね。

058

ラベンダー                  右は、ねじり花。花がねじれながら咲いています。

003  010_2

グロリオサ・・・・ユリ科のつる花です。炎を連想するところもあるようです。

077

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

赤い靴

2013年7月23日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_07_23_19_03

 「赤い靴はいてた~女の子 異人さんに連れられて行っちゃった~・・・・」notes

 孫の富士太郎、娘のラズベリーに連れられて行っちゃいました。

 夏休み、10日間の滞在あっという間に過ぎ去りました。

 迎えに来たママに会ったときの富士太郎の嬉しそうな顔見ていますと・・・私、負けた!punchって思いました。(笑い)

 別にラズベリーと勝負しているわけではありませんが(笑い)・・・・、少しさびしく、少しほっとして、うんと切ない。

 複雑な、祖母心です。

 10日間という時間は、長いようで短く夢のような時間。

 彼が帰る日、最後の日だからもう一度海に行きたい・・・・そんなリクエストがあって皆で海に行きました。

 午前中の海は、穏やかでした。

 他に人影のない私達のプライベートビーチ。

 散歩のつもりできたのですが、富士太郎が海に入りたいって、シャツとズボン脱いでジャボン。sweat01

 富士太郎、この海には何回も来ているのに中に入るのは初めて。

 泳ぎを覚え、水を怖がらなくなりました。・・・・たくましくなったわね。

 泳いでいて、「しょっぱい!」・・・・海の水が塩辛いことを初めて体験しました。

 「なぜ海の水は、塩辛いの?」小学校3年生の素朴な疑問でした。

 この質問には、誰も答えられませんでした。海の水は塩分を含んでいて塩辛いものって教わって、その通り覚えていてなぜ?なんて考えたこともなかったからです。

 時として子供はこういう質問しますから、困ります。

 仕方がありませんので、調べておくようにラズベリーの宿題にしました。

 帰る前のわずかな時間でしたが富士太郎、海に入れてよかったわね。気持ちよくて、楽しかったでしょう。

 

 今日で暫くは会えないけど、お家へ帰ってもこの夏に体験したこと忘れないでね。そして、じーやんのことはよいけれど、私のことも忘れないで・・・・(笑い)

 

 子供は、成長が早く、恒例となりつつある我が家での夏休み、いつまで続くかわかりませんが、私達にとって今年も良い夢をみさせてもらいました。

 いよいよ時間が来て、亭主が駅まで送っていく車、次第に小さくなって角を曲がって見えなくなってしまいました。その車に向かって手を振って、

 今度は、来年の春休みね。・・・・・サヨナラ・・・・。

写真  私の家での最後の日・・・・アルバイトのお金ももらってよかったわね。

097


080_2


075


じーやん(ぐうたら亭主)、富士太郎と体の大きさがこんなに違いますが・・・将棋で負けます。(内緒です。)


073

今日のトピックス

 富士太郎が帰る日、息子のポパイから甲州の桃が暑中見舞いとして届きました。タイミング測りながら贈ってくれたようです。ラズベリーにもおすそ分け。

 さすが、山梨産。大きくて見事です。さっそく頂きましたがあま~い。

 ケチのポパイなんていってしまいましたが、よく頑張ったわね。

032



034

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

久し振りの活気

2013年7月20日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_07_20_21_46


 暑い日が続いています。

 今年は、ことのほか暑さが厳しい気がします。

 今、私の家には、夏休み中の孫の富士太郎が10日間の予定でstayしています。

 もうすぐstayは終りますので、今日ママのラズベリーが迎えに来ました。

 昨年に引き続いての富士太郎の我が家への滞在。

 本人にとって夏休みの良い思い出になればと私、祖母として頑張りました。

 一方、ぐうたら亭主はぐうたら故に、孫に生活態度を再三注意され閉口していました。

(笑い)

 例を挙げてみましょう。

 毎回の食事。

 じいやん!手を洗いなさい。いただきますを言いなさい。頂きますは、箸を置いていいなさい。心がこもっていません。口の中にものが入っている時は、しゃべってはいけません。

 こんな調子です。普段自分が言われていることなんでしょうね。可愛いわ。

 

 富士太郎のこちらでの生活。

 午前中、玄関の掃き掃除とお風呂場の掃除をします。

 この二つは、本人が申し出たアルバイトです。

 働いてお金もらう・・・・・ぐうたら亭主の孫にしては見上げた根性しています。

 アルバイト料、富士太郎は一仕事一回につき10円といいましたが、それでは、私、児童虐待。

 欲のない子ね。それとも貨幣価値が分からいのかしら?(笑い)

 

 そこで、こちらからの提案は、一回100円。毎日心を込めて仕事すれば別にボーナスあげるってことに。

 「ボーナスはいくら?」って聞きますから、「それはじいやんと相談して決めるわ」って亭主の顔も立てました。こういうところが私が賢妻の所以・・・・・。(笑い)

 ボーナスと聞いて、富士太郎大喜びで労使交渉は、めでたく成立。

 滞在は、あと3日ありますが 今日までのアルバイトの評価は100点です。

 掃除のあとは、ドリルとピアノの練習。

 一応、毎日やっていますが、自主性に任せていますから結果はわかりません。

 ただ、時間が早く終わる点が私としては不安です。ま、50点ぐらいにしておきましょう。

 

 これらを終えますと、後は、自由時間で亭主が相手をします。

 

 将棋したり、海にいったり、里山にも登りました。卓球もしました。

 図書館に行き本を借り、本屋で本も買いました。模型の組立キッドを買いました。

 ポリショイサーカスも見に行きましたし・・・・・。

 夕方は、亭主の日課の水泳についていき、亭主の指導でクロール25m、平泳ぎで25メートル泳げるようになりました。

 これは、一番の成果で亭主の指導も良いと思うのですがなんといっても本人の努力ね。よくがんばったわ。

 と、まあ~こんな具合に、孫ひとりいるだけで、年寄り夫婦の生活はダイナミックに変化。

 二人だけの生活では、笑い声や大声は少ないのですが、私の場合、よく昔使った言葉、「富士太郎、○○しなさいよ~~~~」って、久しぶりに大声を連発出来て大満足です。

046

 家族の在り方、私たち核家族化を志向した結果、年寄りと孫が一緒に住むことはまれになりました。

 こうやって、わずかな時でも孫と時間を共有できることは、とても良い事だと改めて感じました。

 富士太郎にとって、どうであったか・・・・・・・・、是非とも良かったと思ってもらいたいのですが、ぐうたら亭主の孫ですから、私達が出すボーナスの額によってでしょうね。(笑い)

写真  富士太郎の夏休み・・・・・大好きな海へ

047_2

アルバイトのお風呂掃除

029

玄関掃除                      ピアノの練習

031    032

里山に・・・・・急坂を頑張りました。

041

今日のお花

セントポーリアです。アフリカ三色スミレ。

  1. 022_2


    023


    021 026


    bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

 

 

イギリスへの憧れ

2013年7月17日(水)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2013_07_17_22_59

 昨日と今日は、猛暑も一休み。

 これくらいなら凌ぎやすく夏も悪くないわね。

 先日は、鎌倉彫のお稽古でした。一人病気でお休みですが快方に向かっていて涼しくなるころには復帰するとのことで安心しました。

 今鎌倉彫は、菊の文様(約40*25㎝)の長盆を手掛けています。ようやく半分ほど彫りあがったところです。

 ま、慌てずのんびりと楽しみながら刀を走らせるのが良いですね。

 お稽古が終って、スーパーにより、本屋さんへ・・・・アツ~イ。impactsweat01

 お店に入れば、汗は止まります。

 本屋さんでは、得意技の立ち読みしてそれから4冊ほどまとめ買いしました。

 買ったのは良いですが、荷物が増えて、自転車は重くなりタイヤやっとこグルグル・・・暑さとペタルの重さで私の目もグルグル・・・。

 おまけに、街中をもう少しあちらこちらとグルグル回って家に戻りました。

 買ってきた本は、刺繍の本が2冊と、下の写真の「英国貴族の城館」、「イギリスの王室」です。

 私は、イギリスが好きで、ヨーロッパで、最初に旅行したところはイギリスです。

 不思議の国のアリス、ピーターパン、ピーターラビットずっと後になってシエークスピア、嵐が丘。それに、シャーロックホームズにジェシカおばさん。あと、007・・・・・(笑い)みんな好き。

 絵画では、ターナーの風景画とゲインズバラの肖像画。

 ミントンやウェッジウッド・・・・・ハリーポッターも。

 ウインブルトンもサッカーも見ますし・・・・この国って文化・芸術・スポーツみんな一流。

 

 日本の近代国家化建設の過程ではイギリスが・・・・

 と、まあ~思いつくままあげましたが、やっぱり一番は王室のこと。イギリスの王室のことを知れば文化芸術など、この国の全般の理解が進むと思って・・・・・。

 そこで、これらの本買ってきました。刺繍やっていますので本に写真の載っているタペストリーには特に惹かれました。

 とりあえず、「イギリスの王室・・・・・石井美樹子著」から読み始めましたが、カタカナの固有名詞がえらく多くてこんがらがって内容理解までいきません

 3ページぐらいまできて、先に、なかなか進みませんが内容は面白そうです。読み終わったら感想書きたいですね。

 でも、私の目が大分しょぼしょぼですから、読み終わるのがいつになるのか・・・・・

 英国ではロイヤルベビーの誕生を国民の多くが待ち望み今か今かと・・・もうすぐ世界中が沸くでしょうね。

 ‎

写真  本2冊・・・読み終えるのは・・・・・

011_3

「イギリスの王室」・・・・題名が直接的ですね。


013

次に読む予定の、英国貴族の城館

012


今日のお花

イギリスといえばバラ。バラがまた咲き始めていますのでアップしました。

023


085  014


012  020


022


  
bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

富貴蘭、

2013年7月15日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_07_14_22_39

 朝方、家事を一通りやってやれやれ・・・・暑いわね。汗だくだく・・・。sweat01

 こんなに私汗でているわってぐうたら亭主に言いますと、「水分と塩分、そく補給」…事務的で心に響きませんが、まぁ~心配してくれてるのね。

 と、思ったら、(笑い)・・・・・そのあと、汗が出るのは発汗作用が順調で健康の証拠。お母さん、まだまだ若いなんてのたまう。見えみえですからこれも心に響きません。

 続けて、俺なんか汗も出ないよ。どうも体温調節できない体になったのかなぁ~なんて涼しい顔して言います。・・・・自分が手伝わないことを合法化する亭主の得意技。

 このあたりから、私、ムッ!!口先男…(笑い)

 お主、何もしないで座っていれば汗なんか出ないわよ。

 亭主、目が点くらいしかない醤油顔。(笑い)ま、暑苦しい顔ではないので、顔に免じてここはがまんの大人の対応。(笑い)

 ここのところマスコミなどで男女間のことがいろいろいわれていますが、どうも、仕事に関しては女性の方が割が合わないことは事実のようですね。

 私などは、この世に生を受けて生きてる限り家事やるってこと子供の頃から教育されてますから当たり前に思っていますが、そろそろ時代が変わりましたから男女の在り方も変化していくのでしょう。

 こういうお話は、暑くなりますから今日は、ここまでとしまして、

 この日、久しぶりに近所に住む友人のうちに富貴蘭、を見にお邪魔しました。

 友人は同級生。富貴蘭に魅せられてずっと一筋です。

 私は、無秩序にお花ならなんでもって手を出していますので、花の持つ本質的なところまではとてもとても・・・・・ただ咲いて綺麗ならそれでよいのです。

 彼女、富貴蘭が80鉢ほどあるそうですが富貴蘭の全てを熟知し、見事に咲かせています。

 聞くところによれば、ノートに花の咲いた時期や花の数、葉の枚数なども記録しているそうです。才媛の誉れ高い彼女やはりどこかが違います。

 

 今日は、そんな彼女が今咲かせた富貴蘭の一部をパチリしてきましたのでアップして、この暑さ少しでも和らげらればと思いましたが・・・・・・花よりかき氷?でしょうか。

 

写真 富貴蘭は、日本原産のランで、野生では木に着生します。

とにかく芳香ですから多くの人に好まれます。

014

朱天王

016_2 017



玉金剛                     胡蝶の舞


019  022

庭の木に、見事に着生させていました。

029

島波の紅


024  026


見事に咲かせていて、花のたたずまいがとても涼しげに感じました。

028

今日のトピックス

亭主の友人のKさんが、信州美ヶ原と上高地に行かれたお土産ということで、美ヶ原のチーズケーキを届けてくださいました。とてもしっとりして信州の香りがしました。

005 010

こちらは、亭主のお土産・・・ゴルフ仲間のUさんから頂いたメロンです。マスクメロンと違いますが、メロンです。マスクメロンより一回り大きく味も決して負けていませんでした。花よりメロン・・・これ亭主の言葉ですが・・・・・賛成一票(私の票です。)(笑い)

003 030

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

小さな手紙

2013年7月11日(木)晴れsun 

Cocolog_oekaki_2013_07_10_16_08

 突然暑くなって、そして梅雨明け。

 猛暑!こんなに早くからでは、暑さにさにはことのほか弱い私、どうしたらよいのでしょう。

 氷やアイスクリーム、毎日食べてるわけにもいきません。早速、納戸の奥から扇風機を出しました。

 私、扇風機大好きで、これなくしは夏は無事に過ごせません。

 ぐうたら亭主は、扇風機大嫌いです。こうも好みがすれ違う夫婦も珍しいですね。

 嫌いな理由は、扇風機見てると目が回るだって・・・・・。変わった人ですね。(笑い)


047

 先日は今年初めてのセミの声を聴くなか、私と亭主あてに嬉しいはがきが届きました。

 差出人は、孫の富士太郎。嬉しいわ。なんて書いてあるのかしら?

 孫からの手紙・・・・・・・。heart02

 とるものもとりあえず内容に目を通しました。

 ま、この子、亭主に似て字が下手だわ。(笑い)でも、愛嬌があってかわいい字・・・・身内ですから。(笑い)

 「僕は、いまちばにきています。

 今日は、いそでいそかんさつをしました。

 ぼくは、いわがにやヒライソガニを捕まえました。

 楽しかったです。

 今年も夏休み行くよ

       楽しみにしてください」  

 と書いてありました。初めてもらった手紙ですから、大感激です。

 全文6行の短い手紙でしたが、お友達と磯でカニを取ったりで楽しかったのね。

 5W1H(笑い)、足りないとこあるけど、十分伝わったわ。海浜教室でお泊りして、パパやママに先生から手紙出すように指導があったのね。

 

 良い思い出ができてよかったわね。

 ところで、富士太郎、字もそうだけれどぐうたら亭主に似てあなたも自己中ね。(笑い)

 「今年も夏休みに行くから楽しみにしてください」って書いてあるくだり、普通は行くの楽しみです。って書くわね。

 ところが、楽しみにしてくださいって、私の本心見抜いているってこと?

 どうやらそうらしいわね。

 え~、おっしゃる通り楽しみにしてるわ。もうすぐ迎えに行ってあげるから待っていてね。

 

 富士太郎がきますと、ぐうたら亭主と二人だけの生活が変わり、富士太郎中心の生活になります。

 そういえば、先日、富士太郎から亭主に、こちらにいる間の予定表作るからなんて電話がありました。

 小言いう生活指導係りの私は、完全に無視されて・・・・・。くやしい~(妬)

 富士太郎、そういう気ならついでにいってしまいますけど、この手紙、終りのところに句読点の「。」が抜けてたわよ。文章終る時は句読点忘れないでね。・・・また嫌われてしまいそう・・(笑い) あら、私も忘れているわ (笑い)

016

今日のお花

アガパンサスが咲いていますが、涼しげに見えるのは色からのイメージ?

004

081   020

ここにきて、またバラが咲き始めました。このバラは、ホーカス・ボーカス。ドイツ出身の比較的新しいバラで四季咲きです。でも、春には咲かず今咲いていますがなぜ?

006

こちらは、春に咲いて、また咲きましたので・・・・形が悪くなっていますね。


007  025

このハマナスもそうですね。でも、清潔な感じの花ですね。

029 027

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

 

 

至宝中の至宝

2013年7月8日(月)晴れsun


060

 貴婦人と一角獣・・・・その展覧会が東京新国立美術館で開催(4月24日~7月15日)されています。

 大分前に、NHKの日曜美術館で放映されて、また、私の持っている刺繍の本でも見つけ絶対見るんだって決めていました。

 先日、時間ができましたので・・・・・いえ、本当は時間なんかすぐできちゃいます。

 一応忙しぶって、そんなこと言いたくて書いてしまいましたが・・・・笑ってやってください。

 そんなわけで、東京は六本木へ・・・脇目もふらずまっしぐら・・そんなことはないですよね。

 やっぱり、キョロキョロ、また、キョロキョロ・・・あの方貴婦人みたい・・・。

 新国立美術館へは、地下鉄で行きますが乃木坂駅がベストです。六本木駅で降りたりしますと大変です。地下道をモグラになったような気分で相当歩きます。覚悟が必要ね。

 早く会いたいわ。一角獣・・・貴婦人はいいの。(笑い)私ですから、あとは一角獣がいれば・・・・。(笑い)

 新国立美術館の2階、この日は、意外に空いていました。ラッキー・・・・。

 会場に入りますと、展示場の四方に6枚の連作タビスリーが並んでいました。

 大きな部屋ですが、作品の一枚づつのサイズがそれぞれ違いますが、あまりにも大きく(約3.5*4.5m)圧倒されました。

 とにかく、この作品はフランスのクリュニー中世美術館所蔵で、美術館を離れたことは今回が2度目だそうです。

 一度は1974年にNYメトロポリタン美術館へ、フランスにとっては至宝中の至宝なのです。

 それにしましても、日本は、凄いですね。至宝を借りられるのですから。そして居ながらに見ることのできる日本人は仕合せです。

 6枚の連作、私、しっかり見ましたよ。

 見た瞬間・・・・・オヨヨヨ・・絶句。不思議な世界に誘(いざな)われてイマジネーションが膨らみます。

 好奇心の極致・・・・・1500年の中世ヨーロッパにタイムスリップ、作られたのは?何の目的で?絵の意味は?お値段は?(笑い)など興奮して胸が高鳴りました。

 連作のストーリー、分かるようなわからないような、そして中世貴族の一端が6枚に詰まっていて、確かにフランスの至宝・・・・存在感の凄さに納得いたしました。

 貴婦人の服装、装飾品、髪型など6枚全部違います。一角獣と獅子が貴婦人の左右に配置され動作表情がすべて違います。

 画面全体に、たくさんの花や草、動物が描かれていて一点ごとに配置を変えて繊細に描き分けられています。

 ジェシカおばさんの私としては、このタビスリーの全てを知りたくていろいろ推理しましたが・・・・トホホホ、説明書きの解説以上は分かりませんでした。

 ま、私の感想は面白くありませんので、

 主催者の挨拶を、抜粋してご紹介させていただきます。

 「中世ヨーロッパ美術の最高傑作の誉れ高い連作タビスリー(フランスの至宝)を公開します。

 「貴婦人と一角獣」は1500年ごろ、北フランスから南ネーデルランドにかけての地域、もしくはパリで制作されたものと考えられています。ー中略ー

 千花模様(ミル・フルール)が目にも鮮やかな大作のうち5面は、「触覚、味覚、臭覚、聴覚、視覚と人間の五感の寓意を表すとする説が有力ですが、残る一面「我が唯一の望み」が何を意味するかについては、愛、知性、結婚など諸説があり、いまだに多くの謎に包まれています。」ー後略ー

 

 

 貴婦人と一角獣は、クリュニー中世美術館のモナリザといわれているそうです。

 一角獣は、伝説の動物で獰猛さでは他に比類なきものとのことですが、乙女の前では従順だそうですから・・・・・・、もしかして、私の前では・・・・大暴れしそうですね。(笑い)

Cocolog_oekaki_2013_07_08_14_35

写真 六本木ヒルズと右は東京ミッドタウン・・・・

045  044

新国立美術館。

046_2  050

2階でやっていました。




049  065


買ってきました本の表紙から・・・・5枚目の視覚・・・貴婦人の持つ手鏡に一角獣の顔が写っています。獰猛な一角獣が貴婦人の膝の上に足をのせ、おとなしくしています。優しい目を見てくださいね。


063


064

これは、2枚目の味覚・・・オームに餌を与えていますね。

069


これは、4枚目の聴覚・・・・オルガンをひいていますね。これがすべて糸でおられているのですから完成するまでの工程を想像しただけで卒倒しそうですね。


068

070


今日のお花

 昨夜は、七夕、天の川は見えませんでしたが、今日庭に出てみますと星が二つこぼれていました。織姫と彦星でしょうか。うちなら一年中一緒にいられますよ。


014 053


ピンクのカラー。白のカラーは6月初めに咲き終わりました。

022 012_2

金魚草です。イメージとして金魚でしょうか?

026  019

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

緑の中で・・・・

2013年7月5日(金)雨rain

Cocolog_oekaki_2013_07_04_11_29

  沖縄はすでに梅雨は開けたそうですが、本州はまだです。

 今年の梅雨は、前半は曇天続きでしたが雨の量は少なく、おまけに涼しかったので私としては凌ぎやすかったですね。

 でも、雨の量が少なければ困る人たちも多く、やはり降るべきものは降らなければいけません。

 

 長雨は緑を育てます。そして濡れた緑色の葉は、洗われ艶が出て実に美しい。

 私の場合、雨の日は外出はひかえ家に閉じこもります。

 家は、ウサギ小屋ですがこの時期は緑の中に囲まれとても幸せな気分。

 ここにいて亭主と二人、周囲に気兼ねなくニンジン食べています。(笑い)モグモグ・・・・・

 そのため、二人とも前歯二本が異常に発達いたしま・・・・せん。(笑い)歯の長さ、正常です。

 耳は、長く伸びていま・・・・・せん。こちらも正常です。(笑い)

 私達の生活の中心は、居間とダイニング。

 私は、この空間にいることがほとんどですが、ぐうたら亭主は小屋の2階にぐうたら部屋があってその中に潜って何かしています。(笑い)

 何かしているって、・・・・・・表現が変ですが、よくわからないってことで言い換えれば干渉しませんので亭主の行動はよくは分からないのです。

 端的に言って、二匹のウサギが縄張りを尊重し合っているってことですね。(笑い)

 ぐうたら亭主は、必要に応じて下に降りてきます。もちろんぴょんぴょんって跳ねて・・・・ではありません。・・・・(笑い)

 ウサギ小屋のこの時期は最も恵まれた時期で、緑住近接の窓辺で緑の恩恵を五感で頂いています。

 万緑・・・・とはとても言えませんが、ささやかな緑の中で小鳥のさえずり、葉擦れの音をきくことも嬉しいひと時です。

 緑色は、安心安全な色。心が休まるのです。

 緑の管理、毎年植木屋さんに入っていただいて、剪定するのですが昨年は家計の状況からそのまま放置しましたので、結果、木が野生化してしまいました。

 

 ぐうたら亭主は単純ですから、緑が多いほうがいいね。植木屋なんて頼まなくていいんじゃないなんていいますが・・・・ま、そうはいきませんね。

 緑の中のうさぎ二匹・・・・雨の日、ウサギ小屋であれもしたいこれもしたい思うのですが、すぐに上下の瞼がくっついて、カメさんが追いつくまで一眠り。sleepy

 年齢のせいでしょうか、それとも生来の怠け者だからでしょうか、全て投げ出して明日があるわ・・・・・。”アスタマニヤーナ”

 あれもこれもが、結局 「二兎を追うもの一兎も得ず」・・・・・・・ホント、どなたが作られたのかこの諺よくできているわね。

Cocolog_oekaki_2013_07_04_11_56

写真 緑住近接・・・・居間の正面は、モミジを中心に・・・・。


035_3


026 017   

ダイニング正面は、こんな具合です。

005_2     006

 

ダイニングの左側は、出窓でこの横で食事しています。もちろん人参一本づつですが・・・。

020_3



010     008

こちらは、和室から・・・青桐、椿 松 木犀・・・・の緑。

040_3



今日のお花

この花の名前、おもいだせません。私、危ないかしら?

040  027

サンゴ花

002

ピンクのマーガレット意外に可愛い・・。

030_2  029_2


ツユクサですが、普通のは水色してますがこれは違いますね。ツユクサの種類もたくさんあります。   右は、ルッコラーの花。十文字ですね。

043_2  076_2







 

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

少女たちの夏

2013年7月2日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_07_01_22_21


 7月1日は、富士山の山開き。

 世界遺産登録で富士山を取り巻く地域では、官民挙げて盛り上がっています。

 今年富士登山をする方は増え、その数うなぎ上りになりそう。

 改めて、権威というものの重みを感じます。

 地域の活性化やビジネスチャンスにつなげようと様々な取組が行われ改めて富士山

の存在の大きさに驚かされました。経済効果も相当なものになりそう。

 それはそれで良いのですが、世界遺産登録制度の原点を忘れないようにして欲しいですね。

 富士山は、ここのところ雲の中から顔を出しません。皆さんの熱気におされて戸惑っているように思えます。

 ま、富士山のお話は、また、姿見たときにさせていただくこととして今日は海のこと。

 Cocolog_oekaki_2013_07_01_16_51

 7月1日に、海開きするところ結構多いですね。

 昨日の夕方、早めの夕食の後まだ外は明るかったので、何しようかしら?

 そうだ、たまには海辺を歩いてみよう・・・・と、いうことで亭主を連れて海へ・・・・

 防潮堤に座り眺めますと、う~ん海って広いわ。でっかいわ。行ってみたいなよその国・・・・。

 こんな静かな海なら、小さな船でも太平洋渡れそう・・・・なんて。

 過日、ニュースキャスターの辛坊さん、太平洋横断を試みて船が砕けたのは不運でしたね。

 怖い思いしたんですね。救助された後の記者会見の様子でわかりました。

 でも、あの年齢で挑戦された意気込みは褒めてあげてよいですね。

 この日の海、海開きを前にとても綺麗でした。

 長く続く防潮堤を散策する人、海辺で釣りする人など・・・・・思い思いに日長の海

を楽しんでいてホント平和な風景。

 

 おや?波打ち際に中学生らしき女の子二人。

 もう家に帰る時間なのに・・・・遊んでる。  昔の私見たい。(笑い)

 しばらく眺めていますと、この二人キャッキャッってとても賑やかです。

 そのうち一人が、海に向かって歩きました。・・・・?・・・・・。あ!

 洋服着たまま海に入ってしまいました。あれ?入水○○?・・・・大変!

 学校でいじめられたのかしら・・・・・・。 

 彼女、そのまま沖に向かって泳ぎ始めました。泳ぎうまいわ。

 すると、 もう一人の子も洋服着たまま、ジャボン!泳ぎはじめました。

 海の中で、また、キャッキャッキャッ・・・・

 10メートルくらい沖に出て戻ってきました。いじめられっ子で無くてよかった。

 今時の女の子は元気が良いですね。

 このことが良い事なのか悪いことなのか、私には分かりませんが、羽目を外せる若さって

良いな~なんて羨ましく思ったりして…ついでに濡れた洋服はクールビズ?(笑い)

 この日は、海開きの前日で多分遊泳禁止。だとするとこの子たち、掟破りの悪い子?(笑い)

 私にはそうは見えなかったわ。heart04

 

 待ちきれなかった少女たちの夏は、すぐそこまで来ています。

写真  この日の海は、凪ていたため波はほとんどありません、湖のよな海でした。

 
053   

透明度も抜群。

052

女の子二人、海見てキャッキャッ・・・・もう家に帰る時間なのに・・・・・。

055  057


服を着たまま海へ・・・・。スイスイ泳いで、その後、浜に上がってきました。濡れたままでどうするのでしょう・・・・。


058


今日のお花

 この、強烈な色彩の花。クジャクサボテン。一日花ですから花の命は短いです。一日しか咲かない意味は、なんなんでしょう。

032



ツリガネソウ     右はクレマチスが二度目の花をつけました。 



023  082


039



 

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ