« 気合いだ~ | トップページ | 私、引っ越しました。 »

梅咲いて朝寝坊

2014年1月13日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2014_01_12_12_53

 小寒に入って大寒のような寒さ。

 私は、温暖な地に生まれたにしては寒さには強く、一方ぐうたら亭主は、夏の暑さではゲンナリ・・冬の寒さにはブルブル・・・・。ま、端的に言ってぐうたらってことです。(笑い)

 でもこの寒さ、高齢者には大敵ですから油断はできません。

 特にバスルームの脱衣所の温度管理。

 お風呂から出て脱衣所に暖房してませんと血圧が乱高下。

 命を落とされる方が多いと聞いておりますので小さなストーブを入れています。

 寒さ、これからが本番!厳しい日々が続きますが無理せず体を順応させていかなければと思っています。

 昨年の暮れ植木屋さんが入ってぼさぼさの庭木を綺麗に刈り上げてくれました。

 その際、梅の枝をバサバサ落としたのですが、見ますと小さな蕾がいくつかついていましたのでかき集めてバケツに入れておきました。

 それから、花瓶に移しましたら家の中が暖かったせいでしょうか。

 つい最近、開花しました。

 寒くても春を告げる梅の開花。毎年繰り返される自然の営みのひとつですが嬉しいものです。

  「梅咲いて朝寝の家となりにけり」  貴志 沾州(江戸時代)

 この俳句、うちみたい・・・・梅が咲くころは寒くて布団から出られず朝寝の家が多くなる、その様子を詠んだ句って思いました。

 ところが、実の意味は梅が咲き始めると、皆朝早く起きて梅を見に出かけるので家の戸が閉まっている。それでどの家も朝寝しているように見えるというそんな句のようです。

  江戸時代の日本人、粋ですね。

  そして、梅の花を愛でていたことがこの句を通じて分かります。

  梅が咲くころの朝は、江戸時代だって寒いには違いありません。

  それでも皆梅の花を見に行くってところがすごいですね。

 朝寝坊の亭主に、この話しましたら、江戸時代は暖房がなくせんべい布団。寒くて寝てなんかいられない。おきてもテレビはなくすることがないので、 それで朝早くから梅の花でも見に行くかってことになるのでは・・・・なんて身もふたもないことを言っています。、

 感性が鈍く、粋だとか、風流だとかホント!分からない人なのね。

 長屋のはっつぁんやくまさんの方が程度が高かったってこと・・・・・?

写真 梅の開花です。ただし花瓶に生けたもの。

015

 昨日、梅園で有名な熱海梅園。一昨日から梅祭りが始まったようですがまだ一部咲きだとか。

 熱海梅園のホームページは、こちらです。→ http://www.ataminews.gr.jp/ume/

 うちの梅の木、右の写真ですが一輪が開花しました。

027   029

今日のトピックス

 仙台の、亭主の知人から笹かまぼこが届きました。亭主がお世話になっているのに…。反対だ困った・・・なんて言っていました。

 やはり、仙台名物・・・美味しかったですね。

084

089    087

bell bell・・東北の復興・・・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

« 気合いだ~ | トップページ | 私、引っ越しました。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ