住まい・インテリア

お掃除ロボ

2013年11月22日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2013_11_23_18_42

 思い切って掃除ロボを購入。

 理由は、私は掃除が苦手なこと。

 それに、娘のラズベリーの家に掃除ロボがあって、私が持っていないことは理不尽だと思ったからです。(笑い)

 ラズベリーをライバル視するとは、大人げないのですが・・・・・(笑い)

 そこで、お掃除ロボ求め、大手の量販店Y電気に亭主といってまいりました。

 え~と、掃除機、掃除機って広い店内を探して・・・見つからない、あ~足が棒に・・・・

 やっとのことで、ひっそりと並んでいる場所を見つけましたが、商品が少ない。

 売れ筋商品として派手に扱われていると思っただけに拍子抜け。

 これだけしかないの?

 陳列品、二つのメーカーのものしかなくて、しかも機種が少ない。

 買う人少ないんだ~。

 

 このことを店員さんに伺ったところ、説明のニュアンスから売れ筋商品ではないことが想像できました。やめておこうかしら・・・

 それでも私、購入すること決めてきましたので気持ちは変わりませんでした。

 商品決めなければ・・・・・ラズベリーは「ルンバ」を使っていて調子よさそう。でも、同じ物は避け違うメーカーのものを・・・・ライバル心むき出し。(笑い)

 陳列されている商品の中から「東芝クリーナー」を選びました。

 偶然、私が選んだものと店員さんが薦めてくださったものとが一致しました。

 家に帰って説明書読んだのですがこういうことって本当に面倒。早く動かしたかったので適当に読んで試運転。もちろん電池充電して・・・。

 う~ん、動くわね。

 ごみも吸い取ってるわ。

 そのうち、ロボちゃん好き勝手に動いて同じ所を行ったり来たりして、完全に部屋が終わらないのに次の部屋に行ってしまって・・・。

 使いこなすのは大変そう。

 部屋に何もなければ規則正しく効率的にやってくれそうな感じはしました。

 でも、うちの場合、部屋の中ごちゃごちゃしてますから、止まってしまいますので動きから目が離せなかったですね。

 せっかく手を抜くために買ったのに手がかかりそうです。

 一層のこと箒使ったほうが早い気がしてきました。(笑い)

 でも、リモコン使いこなせば何とかなりそうな気はしますので、説明書よく読みこなして見るつもりです。

 昔、ソニーから発売された癒し系ロボの「アイボ」当時25万円と高価でしたが、無理して購入。

 そのうち、私飽きて代わりに亭主が遊んでいて台から落とし、アイボの首が動かなくなってその修理費がうん万円。

 癒されるどころか、ストレスになってそのまま納戸の奥に。

 あとは、お宝鑑定団の出場を待つばかりです。(笑い)

 そんな前科があって、今回も、悪い予感がしています。

 もう少したったらアイボの横に並べられる・・・・・・・・・・そんなこと考えたくないですね。

写真

 掃除ロボ

067

何もないところでは、勝手に掃除しています。こういうところではお利口さん。

011040



 ボックスの下、テーブルの下などは、中まで入ってごみ吸っていますから良いですね。


016  024


テーブルの下も・・・・。

013

ソファーの隙間やテーブルの下は、なかなか難しいようです。

023  046



物がありますと乗り上げてしまします。上手に戻る場合もありますが・・・、あと、下にもぐる場合、ロボの高さと隙間の高さが同じ場合、挟まれたままの状態になりますね。

025043

 NHKのスーパープレゼンテーション(TED・・価値のあるアイデアを世に広めることを目的とするアメリカの非営利団体。文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンテーションを披露する。以上ホームページから。)これを、毎週亭主が見ているので、たまに私も覗きます。

ちょうど、18日に放送があって、タイトルが「アルゴリズム」

 コンピュータや制御システムのプログラムのことで、アルゴリズムによってこれまで人間がしていたことが、コンピューターやロボットでもできるようになってくると人の職が失われる・・・・・・こんなお話でした。

 私達の生活の中に入ってくるアルコリズムの一事例として掃除ロボが登場してきましたので米国では、掃除ロボは、一般的に普及しているのではないかと思いました。家の中の構造が違いますから使い勝手が良いのかもしれませんね。

参考までに、スーパープレゼンテーションのホームはこちらで→この番組は、米国の懐の深さ、人材の豊かさなど圧倒されます。米国はやはり世界一だということが分かりますね。

http://www.nhk.or.jp/superpresentation/

今日のお花

フジバカマ秋の七草のひとつですが、まだ咲いていました。

019_2

オキザリス 葉がクローバーのようです。


017

ホトトギス、広がって咲いてますがもうおしまいですね。

032

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

緑の中で・・・・

2013年7月5日(金)雨rain

Cocolog_oekaki_2013_07_04_11_29

  沖縄はすでに梅雨は開けたそうですが、本州はまだです。

 今年の梅雨は、前半は曇天続きでしたが雨の量は少なく、おまけに涼しかったので私としては凌ぎやすかったですね。

 でも、雨の量が少なければ困る人たちも多く、やはり降るべきものは降らなければいけません。

 

 長雨は緑を育てます。そして濡れた緑色の葉は、洗われ艶が出て実に美しい。

 私の場合、雨の日は外出はひかえ家に閉じこもります。

 家は、ウサギ小屋ですがこの時期は緑の中に囲まれとても幸せな気分。

 ここにいて亭主と二人、周囲に気兼ねなくニンジン食べています。(笑い)モグモグ・・・・・

 そのため、二人とも前歯二本が異常に発達いたしま・・・・せん。(笑い)歯の長さ、正常です。

 耳は、長く伸びていま・・・・・せん。こちらも正常です。(笑い)

 私達の生活の中心は、居間とダイニング。

 私は、この空間にいることがほとんどですが、ぐうたら亭主は小屋の2階にぐうたら部屋があってその中に潜って何かしています。(笑い)

 何かしているって、・・・・・・表現が変ですが、よくわからないってことで言い換えれば干渉しませんので亭主の行動はよくは分からないのです。

 端的に言って、二匹のウサギが縄張りを尊重し合っているってことですね。(笑い)

 ぐうたら亭主は、必要に応じて下に降りてきます。もちろんぴょんぴょんって跳ねて・・・・ではありません。・・・・(笑い)

 ウサギ小屋のこの時期は最も恵まれた時期で、緑住近接の窓辺で緑の恩恵を五感で頂いています。

 万緑・・・・とはとても言えませんが、ささやかな緑の中で小鳥のさえずり、葉擦れの音をきくことも嬉しいひと時です。

 緑色は、安心安全な色。心が休まるのです。

 緑の管理、毎年植木屋さんに入っていただいて、剪定するのですが昨年は家計の状況からそのまま放置しましたので、結果、木が野生化してしまいました。

 

 ぐうたら亭主は単純ですから、緑が多いほうがいいね。植木屋なんて頼まなくていいんじゃないなんていいますが・・・・ま、そうはいきませんね。

 緑の中のうさぎ二匹・・・・雨の日、ウサギ小屋であれもしたいこれもしたい思うのですが、すぐに上下の瞼がくっついて、カメさんが追いつくまで一眠り。sleepy

 年齢のせいでしょうか、それとも生来の怠け者だからでしょうか、全て投げ出して明日があるわ・・・・・。”アスタマニヤーナ”

 あれもこれもが、結局 「二兎を追うもの一兎も得ず」・・・・・・・ホント、どなたが作られたのかこの諺よくできているわね。

Cocolog_oekaki_2013_07_04_11_56

写真 緑住近接・・・・居間の正面は、モミジを中心に・・・・。


035_3


026 017   

ダイニング正面は、こんな具合です。

005_2     006

 

ダイニングの左側は、出窓でこの横で食事しています。もちろん人参一本づつですが・・・。

020_3



010     008

こちらは、和室から・・・青桐、椿 松 木犀・・・・の緑。

040_3



今日のお花

この花の名前、おもいだせません。私、危ないかしら?

040  027

サンゴ花

002

ピンクのマーガレット意外に可愛い・・。

030_2  029_2


ツユクサですが、普通のは水色してますがこれは違いますね。ツユクサの種類もたくさんあります。   右は、ルッコラーの花。十文字ですね。

043_2  076_2







 

bell bell・・東北の復興・・・お願いですから急いで、急いで・・・もう我慢の限界だと思いますから。マジョリン

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ