NY情報

ヤンキー・スタジアム 野球観戦!

2011年11月4日(金)晴れsun

こんにちわ。マジョリンの娘ラズベリーですhappy01

野球、今日本では、日本一を決めるゲームが行われていますので、野球のお話を少し・・・・。

アメリカで人気のスポーツ野球baseballですが、ニューヨークには アメリカンリーグのニューヨ

ークヤンキースとナショナルリーグのニューヨークメッツの2つの球団があります。

周囲を見ると、圧倒的にヤンキースの人気が高いようです。

帰国前に、初めてメジャーリーグの野球観戦に行って参りました。

NYに何年も住んでいたのに、「息子が小さいから」、となかなか行けずにいたのですが、 やっと重い腰を上げ行ってきました。

自宅からは車で30分位。マンハッタンからは20分位、周囲はこんな感じです。

球場のあるブルックリンはマンハッタンの北側の地区で、ちょっと怖いイメージがあります。

マンハッタンから電車で球場へ行くこともできます。

↓「ヤンキースタジアムはここで下車」 の看板。

4282 4212

↓2009年に完成した新ヤンキースタジアムです。

この外観に期待が高まりますup

4302

4422

この日は急に思い立って観戦に行ったので、チケットを持っていませんでした。

「席を選ばなければ多分買えます。」 との友人の言葉を思い出し、当日券を求めてチケット売り場へ。(↓下の写真)

当日券売り場は混んでいましたが、無事に外野席4枚を手に入れる事が出来ました。

(30ドルの席2枚と23ドルの席2枚、4人で計106ドル、日本円で約8、500円でした。)

「ヤンキースファンじゃない奴は帰れ!」 などと叫んでいる人もいたり 私たちに 「Hey,MATSUI!」 などと声を掛けてくる人もいたり、早くも盛り上がって?いました。

4452_2  4462

ヤンキースTシャツを着て応援している人が多かったので、ショップで子供達にTシャツを買って早速着替えました。↓

5312   4632

↓まずは腹ごしらえ、とフィリーステーキ(薄切りのビーフと玉ねぎを炒め、チーズを挟む)のサンドイッチを買いました。

他にはハンバーガーやホットドッグが売られていて、雰囲気だけでも楽しいです。

4852  4912  

↓スタジアムの中でも最も高い所にある座席でした。でも、十分楽しめました。

ハーフタイム?にグラウンド整備の人達が踊ったり↓、観客が画面に映されたり、観客が皆で踊れるような音楽が流れたり(YMCA)・・・と、さすがアメリカはエンターテイメントの国だな~と感心させられました。

4982  5132

とにかく、たくさんの人が観に来ていました。

              5002

観客は思っていたより大人しく?日本のように私設応援団も見当たらず、皆、雰囲気を楽しんでいるように見えました。

父が以前NYに来たときに ヤンキースの試合観戦に一人で行く予定でしたが、帰りが夜遅くなるため不安があったようで結局断念しました。今でも行かなかったこと悔やんでいるようです。いつか案内が出来ればと、思っています。

娘は、授業でNYメッツの試合の観戦をしたので、初めての私たちより余裕を持っていました。

私も、いつしか楽しい雰囲気にひきこまれて、こんなことならもっと早く、何回も来ていれば良かった、と思いました。

ヤンキース観戦、オススメですwink!今年は終ってしまいましたが。

ヤンキースの情報はこちらからも。

http://www.iseeny.com/monthly/index_0505.php

http://newyork.yankees.mlb.com/index.jsp?c_id=nyy

bell東北の復興・・・・長い道のりです。でも、不可能なことなんてありません。世界で希有の日本人力・・・・・・・マジョリンconfident

憧れの 「ターシャの庭」

2011年10月21日(金)曇りcloud

こんにちわ。マジョリンの娘の ”ラズベリー” (命名マジョリンです。)と申しますconfident

この夏までNYの郊外に住んでおりました。今日はNY時代の思い出を一つお話させて下さい。

2008年の6月、日本でも大人気のターシャ・テューダーの庭を訪れる機会がありました。

「 ターシャ・テューダー 」 は、アメリカの絵本作家、挿絵画家、園芸家、人形作家です。マジョリンの憧れの人でもあります。

NHKでも何度もターシャの番組を放送したようで、日本のデパートでもターシャ展が開かれると大盛況だ と聞きました。

               ターシゃとメギー

我が家にはターシャの本が何冊かあり、漠然と 「いつかターシャの庭に行ってみたいな・・・」 と夢見ていました。

           TIME TO KEEP US      TASHA TUDOR'S GARDEN US

ある日、ターシャのHPで 「 ターシャの庭をめぐるシークレットツアー 」 がある事を知ました。

ツアーといっても、1年のうち6月の週末のみ、年に数回しか行われません。(6月はターシャが ”輝きの季節” と呼ぶ、最も美しい季節です。) 参加できる人数はごく少数。

それに何と言ってもターシャは高齢。(1915年生まれ。 2008年当時92歳!)

今いかなければ もう本人に会うことはできないと思いました。

早速連絡を取り、ツアーへの参加を希望しましたが、2008年の分はもう満員。また来年トライするしかない、と残念に思った矢先 キャンセルが出て、参加する事ができるようになったのです。 (このキャンセルの理由は、後でわかりました。)

参加の手続きが終わって、初めてターシャの正確な住所を知らされます。

ターシャの家のあるバーモント州のマールボロという町まではNYから車で約3時間半。朝5時に起き、自宅を出発しました。 

高速道路を降りると、ずーっと同じような景色が続きます。周辺にはお店も家もほとんど見かけず、無事に到着するのか少し不安に・・・。

0012  0022

↑ナビによればここがターシャの家への入り口。ここからは長い私道(山道)が続きます。

004_2  0032

↑ 「ターシャのシークレットツアーへようこそ」 の看板を見つけひと安心!

0202

↑ ターシャの敷地に入り、しばらく行くと事務所兼ギフトショップがありました。

ツアーはここから始まりますが、ツアー中の撮影は禁止。(残念weep!!)

写真はこの周辺しか撮れませんでした。

0072_2

↑ ターシャのペットのコーギー犬がお出迎え。ターシャは自宅を 「コーギーコテージ」と呼ぶほどコーギー犬を可愛がっていました。

さて、広さ30万平方メートル、ひと山がターシャとファミリーの敷地です。

案内役はターシャの息子、セスさん。TVでご覧になられた方もいらっしゃると思います。

ターシャの家や家具を手作りされる大工さん。親日家で日本語もお上手です。

穏やかなセスさんに案内され、ターシャ家の山を歩きます。

ファミリーの2つの庭を見学しました。一つはお嫁さんがお世話されているバラや芍薬が咲き乱れる美しい庭。

ターシャ自身の庭は、本で見たとおり、いえそれ以上に素敵なお庭でした。

自然に見えるけれど、ターシャが丹精を込めて作り上げたお庭、澄み切った空気・・・時間さえゆっくりと流れ、外界とは全く異質の別世界です。思わずターシャのように裸足で歩いてみたくなりました。

ターシャの庭も芍薬が満開でした。ターシャは可憐なバラも好きだったようで、あちらこちらに一重のかわいらしい野バラを見かけました。

植物の声を聞いて注意深く造られた究極のナチュラルガーデン。世界中の人が憬れるのも納得です!「 ここがターシャの ”地上の楽園” なんだ! 」 と感動しました。

010 011  

   

自給自足のスローライフを送っているターシャの庭には、色々な野菜やブルーベリー、りんごなどが植えられ、にわとりや羊が飼われていました。

ターシャはヒツジから毛糸をとり、みつばちからハチミツと みつろうからろうそくを作る・・・昔ながらの生活をしています。

          

約3時間のツアーが終わると参加者全員がターシャの納屋の前で記念撮影をし、その後、リフレッシュメントを頂きました。

0152  0122

↑ 手作りのサンドウィッチ、ブラウニー、チョコチップクッキー、ピンクレモネード、フルーツ。 どれもとてもおいしかったです♪

0162  0092

↑右側に写っているのはターシャのご家族と愛犬。(やっぱり裸足です。)

0172  018

↑帰りにギフトショップにより、記念に小さなお土産を買いました。このギフトショップ、ちょっとターシャのお家にお邪魔したような気になりますshine。 

0212  0232

ターシャの庭を訪れる事ができて、アメリカの違った一面を見る事ができました。とても良い経験になりました。

ただひとつ、とても残念なのは この4日前、6月18日にターシャが92歳の生涯を終えられた事です。(それが、ツアーにキャンセルが出た理由だと思われます。)

ご本人にお会いする事はかなわなかったけれど、ターシャの丹精こめた最後の庭を拝見する事ができてラッキーだったと思います。

ターシャが亡くなったと聞いても信じられず、今でもそこにターシャが立っているような そんな気がしました。

         019

bell東北の復興・・・・長い道のりです。でも、不可能なことなんてありません。世界で希有の日本人力・・・・・・・マジョリンconfident

ご無沙汰しております。 戻って参りました。

2011年9月29日(木)晴れsun

0462

みなさま、大変ご無沙汰しております。 お元気でいらっしゃいますか?

マジョリンの娘です。

この夏、NY駐在を終え東京に戻って参りました

ご挨拶が遅くなりまして申し訳ありませんconfident

前ブログ 「マジョリンの気ままに・・・♪」 http://mary-everyday.cocolog-nifty.com/blog/ では NYでの暮らしを日本に住む 母・マジョリン一家に報告し、また皆さまにもお伝えしたく、時々NYの記事を書かせて頂いておりました。

しかし、3月11日以降 自分なりに考えるところあり、その後に決まった帰国の準備に追われた事もあり NY情報のコーナーをお休みさせて頂いておりました。マジョリンは、さぼったと言っていますが・・・・・sweat01

068   063

8月中旬、久しぶりの日本、家族・友人との再会!

新生活の立ち上げもどうにか軌道に乗り、子供たちも楽しく学校に通えるようになって参りましたので、遅くなりましたが帰国のご挨拶をさて頂きました。

時々こちらでNYの思い出、時には東京の事、書かせて頂けたら・・・と思っております。

388

みなさま、応援ありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

082     4311

 

bell東北の復興・・・・長い道のりです。でも、不可能なことなんてありません。世界で希有の日本人力・・・・・・・マジョリンconfident

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ